愚かな釣り人達に捧げる、刺さるように深イイ釣りの名言を集めてみたよ!

どーも、元釣具屋店員のムラキです。

いらっしゃいませー

f:id:buramuraki:20180919224851j:plain

 

 

釣りをやり込んだ人間にしか分からない事。

あるよねやっぱり。

 

 

釣りを通じて見えてくる人生観。

あるよねやっぱり。

 

 

 

釣り人は狂ってると感じる事。

 

 

 

 

 

しょっちゅうです。

 

 

今回は、そんな奥深く、そしてよく深い愚かな釣り人にまつわる名言を集めてみたよ。

 

首がもげそうになるほど頷くがいい。

 

 

目次

 

 

 

 

「人は嘘を付くけど、鳥は嘘を付かない。」  by 小沼正弥

正直、釣人は自分の釣果を守るためなら平気で嘘を付く生物である。

だが、鳥は自分の獲物を捕らえる為なら一切の無駄なく正直に動く生物。

 

どんなにインターネットが栄えようと、自然に溢れているヒントが実は一番の情報なのかもしれないね。

 

 

 

「釣りをしている夫の姿を見たことのない女房は、自分がどれほど辛抱強い男と結婚したか気がつかない。」  by エドガー・ワトソン・ハウ

 

ですってよ、奥さん

世の中にはあなたの亭主よりぶっ飛んでる奴がごまんといますよ。

 

防波堤に。磯に。水上に。

 

 

 

「釣りの話をする時は両手をしばっておけ」 by ロシアのことわざ

釣人にとって手の役割とは

 

・ラインと針を結ぶ。

・頭の意思とロッドさばきを結ぶ。

・事実と妄想を結ぶ。

 

釣り人補正は万国共通の悩みのようだ。

 

 


「釣りは男が淋しさなしに孤独でいることができる地上に残された僅かな場所の一つだ」  by ロバート・トレーヴァー 

 

胸を締め付けられるほど共感する。

オレが釣りをやる理由の1つは間違いなくこれだから。

 

 

「釣り師は心に傷があるから釣りに行く。しかし、彼はそれを知らないでいる」    林房雄「緑の地平線」より

 

知ってるよ。普段は知らんふりしてるけど。

だからやめられねぇんだよ。

 

 

「夜通し粘ってようやく掛けたシーバスをばらしたとしても、そのジャンプした姿が美しければ俺は満足だ」 by 楠ノ瀬直樹

至言である。

釣れなきゃ幸せになれない人生より、釣りを通じて出会えた全ての”画”に幸せを感じられる人生でいたい。条件付きの幸せなんてくそくらえですよ。

 

楠ノ瀬さん、いつかあの世で一緒に釣りに連れてってください。

 

 

 

【愛すべき馬鹿どもへ】

堂々とバカでいよう。

 

堂々と変態でいよう。

 

堂々と美しく生きよう。

 

 

 

以上、ムラキでした。

 

この記事も読んでかない?↓

buramuraki.hatenablog.com

buramuraki.hatenablog.com

 

buramuraki.hatenablog.com

 

釣りはばらして上手くなるのか、ばらさないから上手くなるのか。

どーも、元釣具屋店員のムラキです。

いらっしゃいませ~

 

 

多分初の朝っぱらからの更新。

たまにはイレギュラーアクションを織り交ぜるよw

 

 

本題ですが、昔高橋哲也がこんな事を語っていた。

 

「ばらしてる内は上手くならないよ、だってばらしてんだから」

 

細仕掛けだなんだ言う前に、まず確実に獲れるタックルを組めっていう話を雑誌の中で説いていた。

基本正論だろう。投げる、掛ける、獲るまで完遂して初めて魚が獲れるんだから、最後までやり切れるタックルを選ぶのが先決だと。でないと、そもそも魚を釣るという一連の行為が上手くならないよ、という話だと思う。

 

ただ、オレは最近思うんだけど、釣りってやっぱりばらさないと上手くならない気がするんですよ。

 

 

 

 

【自分のタックルの限界を知る事の重要性】

当たり前だが、どんなロッドやリール、ライン、鈎にも限界がある。折れる時は折れるし、巻けない時は巻けないし、切れる時は切れる。で、自分が使っている道具の限界を最も理解しやすい経験が”バラシ”なんじゃないかと思うのですよ。

 

話がちょっと違うし、超極論かもしれないけどオレはロッドを折ってしまう経験って絶対に必要だと考えている。以前別の記事でも書いたけど、ロッドは自分の腕の延長。その腕がどこまで耐えられるのか、どんな事をすればあっさり折れるのかを知る事は滅茶苦茶勉強になりますよ。

buramuraki.hatenablog.com

 精神的にはクるけどねw

折れる事に限らず、自分のタックルの限界を目の当たりにすると、必ず学べることがある。

 

完璧な道具は無いという事を。

 

ばらさないと、一つのタックルややり方では対応できない事を肌で感じられないよね。

 

 

【何がリスクなのかはバラさないと実感として身に付かない】

頭では「藻に突っ込まれるとばらしやすい」とか、「根をかわさないと切られる」と分かっていても、その怖さは結局理解できないんじゃないかな?

 

オレも琵琶湖で釣りをするようになるまで、「藻化け」という言葉は知ってても

、内心「テンションかけながらゴリ巻きすればええやんw」とか平気で思ってたよ。

まぁ甘かったわwww

 

確実にテンションかけながら巻いてるのに、気が付いたらバスがいない・・・こんな事ってあるの??と絶望した2年前の北湖・・・あと5年は悔やむサイズだったからね・・・

 

それ以来、キャストしてからもし掛けた場合どこにどういうやばいモノがあるのかさらに気を付けるようになったし、場合によっては立ち位置を変える様に心がけるようになったしね。集中力無くなると適当になるがw

 

何にせよ、釣りに限らず人は自分の身をもってリスクの怖さを肌で感じないと、それを本当に恐怖と認識できない生物なんじゃないかな。

 

 

 

【全てから学べ】

ばらさないに越したことは無いし、魚を最後まで獲る経験こそ何より上手くなるのは間違いないとは思う。でも、自然界の生物だって、狩りに失敗しながら狩りを覚えていくものだと思う。

 

一番ダメなのは、ばらしから何も学ばない事。

最悪なのは、道具のせいにする事。

 

恐らくそういう人は同じバラシ方を何度も経験する。

 

オレはもう北湖の藻化け悪夢はゴメンだよww

 

以上、ムラキでした。

 

 

ライフジャケットの義務化とかマジだりぃwwとか言ってるヤツちょっと来い。お前の本当の義務を分かってるか?

どーも、元釣具屋店員のムラキです。

いらっしゃいませー

f:id:buramuraki:20180916115523p:plain

今年の2月からすべての小型船舶の乗船者に対して、ライフジャケットの着用が義務化された。海や淡水問わず、ボートで釣りをする人ならご存知の方も多いだろう。

 

まぁ、義務化される前から釣り人の常識としてライフジャケットの着用は当たり前だったけどね。でも、何だかんだで「ライフジャケットとかタルいしw」っていう人もいた。オレも釣具屋時代、お客さんや遊漁の船長でもそういう人を何人か見て来たしね・・・

 

今回は釣り人の「本当の義務」について語ろうと思う。

 

今日もぶっちゃけるよ!

 

目次

 

【釣り人の最大の義務は”帰ってくる事”】

 

4年前に広島で起きた、海自の輸送艦と遊漁船が衝突したおおすみ衝突事故

遊漁船の船長と釣り客一人の計2名が亡くなっているが、遊漁に乗っていた4名全員がライフジャケットを着用していなかったらしい。故人を悪く言うつもりは無いが、愚か、の二文字しか浮かばない。

 

当たり前だけど、ライフジャケットの着用は「命を守るため」というのが最大の目的です。もう少し正確に言えば「生存率を高める為」というべきかな。

 

でもね、釣り人の多くは忘れてるが、水と自然で遊ぶ人間が絶対に忘れてはいけないのは、

 

「ちゃんと帰ってくる事」

 

なんだよ。

 

生死を問わず。

 

 

 

【葬儀屋のプロの言葉に耳を傾けろ】

ライフジャケットがめんどくさい気持ちは決して分からなくはない。

でも、かといってブーたれる前にこの動画を観てくれないかい?


少しだけ生々しい話だが・・・水難事故によって亡くなった方のご遺体の中には、遺族にとってあまりに辛い状態で見つかるケースも少なくない。特に水面にあがるまでに時間がかかったケースは。

 

ぶっちゃけオレは、沖に出てライフジャケット着用せずに事故で亡くなる愚か者の事はどーでもいいです。

 

問題は、その愚か者にも遺体を引き取る方がいるという事実。勿論家族もだし、友人、知人、中には発見してくれたのがそういう人達だった・・・というケースもあるかもしれない。

 

 

想像できるかい?

 

上の動画で語っているような状態の自分の家族の姿をさ。

 

 

もっと言えば、遺族にとってある種一番辛いのは「見つからない事」だと思う。まぁ、安易にこういう事を想像で言うもんじゃないが、どんな姿でも帰ってくる、っていうのが釣り人の義務だと思うよ。

 

 

【情けない死に方をするな】

何回も言うけど、ライフジャケットの大前提は命を守る事です。

 だから無事に普通に家に帰ってくることが最も釣人として立派な行為だ。

 

だが、自分の身を守る意思も、家族や知人のもとにちゃんと戻る意思があっても、低水温期や潮流などによっては無念に亡くなる方もいる。やるべき事をやって、比較的早く発見され、最期に家族が対面出来るような状態を作り出せたとしたら、ある種不謹慎だけど釣人としては美しく立派な最後だとオレは思うのですよ。

 

でももし、自分の家族がライジャケの着用を怠った事で命を落とし、最後に顔を見る事も出来ないような別れを強いられた遺族はどんな気持ちだろうか。上の動画でも語っているが、残された者にとっては心の整理が難しいケースも発生する場合がある(動画内の話は釣りは関係ないが)。

 

少なくとも本当に最悪の場合でも、遺族がきちんと区切りと整理ができる状態で帰ってくる義務が釣人にはある。

 

 

 

大昔だけど、電気工事士をやっているオレの親父が取引先から夜中に電話がかかって来た事があった。原因不明の設備の故障で困ってるから見に来てくれ、という事で。

だが親父はもう既に酒を飲んでいる。

仕事大好き人間の親父は普通に身支度をし、車のキーを探し始めた。オレは当然止めたけど酒の入っていた親父は全く聞かなかった。

 

多分人生最強レベルで親父にキレた。

反抗期でもあんなに怒鳴ったことは無かったと思う。

 

頑固親父は観念してくれた。結局まだ酒が入ってない会社の仲間を電話でさがして貰い、なんとか対処してくれた。

今でもあの時、近所迷惑覚悟で怒鳴って良かったと思う。機械なんて交換すればいい。でももし親父が人を轢いていたら、取り返しがつかなかったのだし、一応尊敬している人間の一人でもある親父が情けない愚か者に成り下がる事も防げた。

 

 

水の上で遊ぶ以上リスクがあり、どうしようもない状況により、無言で帰宅してしまう可能性も0ではない。

 

生きて帰ってくるは当然。

でもどんな姿であれ、やるべきことを果たした姿でちゃんと帰ってくる事が釣人の義務だ。

 

 

リスクを背負うなら、情けない愚か者に成り下がらずに家族の元に帰りなさい。

 

 

【まとめ】

要点をまとめます。

 

・釣人の義務とは、ライフジャケットを着用し、”ちゃんと帰ってくる事”。

 

・最後に対面出来ない状態でお別れをする遺族の気持ちを想像すべし。

 

・やるべきことをやって帰って来た釣人はどんな姿であれ美しい。

 

 

後悔したくない、させたくないなら真剣に考えなあかんで。

 

海事:ライフジャケットの着用義務拡大 - 国土交通省

 

 

以上、ムラキでした。

 

この記事も読んでかない?↓

 

buramuraki.hatenablog.com

buramuraki.hatenablog.com

buramuraki.hatenablog.com

釣人「釣りが好き!自分で釣具屋を経営したい!」、元釣具屋店員「基本無理ゲーだからやめとけ。それでもやる?」

どーも、元釣具屋店員のムラキです。

いらっしゃいませ~

f:id:buramuraki:20180915182539p:plain

タイトル見てもらうと分かる通り、今回はサラッと夢を打ち砕くよww

 

イラっとするかもだけど、本音を言うブログだからウザいならそっ閉じでよろ。

 

ただね、オレだって”釣りで一旗上げたい!”っていう志のある方は心から応援したいです。し、100%釣具屋の経営が間違ってると言いたいわけではない。少なくとも一般の人が考える”釣具屋のやり方”ではもう今の時代では無理ゲーだよっていう事を言いたいんです。

 

大事なお金を水の泡に変えないためにも、志がある人は最後まで読んでくれないかい?

 

今日もぶっちゃけるよ!

 

 

目次

 

 

 

Amazonに対抗できる価値を作れるか?】

マジこれ。

今の時代、量販店の釣具屋チェーンでさえ最大の脅威になっているのは200%Amazonです。ぶっちゃけ元釣具屋店員のオレでさえリアル店舗へ出向く機会は少なくなった。ホント急に必要になった小物を買いに行く時か、中古品を覗きに行く時か、たまたま用事で近くを通った時くらいじゃないかな?それか直接触ってみたいタックルがある時くらいか。最近は餌釣りもやらないしなぁ。

 

っていう位、俺自身Amazonはスゲー頼ってる。

Amazonプライム会員になれば、次の日には(下手したら当日)届くお急ぎ便や、日時指定等通常だと料金のかかるサービスが無料で使い放題とかヤバいでしょ。

”やっべ、キロフックの5/0もう無いじゃん!”

っていう時でも、それだけ注文しても送料掛からないんだよ?年間3900円でこれは釣具屋泣かせも良い所だね・・・

 

品ぞろえや値段では普通に量販店では敵わない。

かといってその量販店でさえ、品ぞろえと値段に加えて便利なサービスではAmazonには敵わない。

 

さぁ、個人釣具店はこんな時代でどんな価値を作り出します??

 

 

 【リアルな話マジ儲かんないよw】

 勿論オレは釣具屋を経営した事は無いけど、中で働いてきた人間だから分かるよ。量販店でさえ利益出すのに必死なのにリアル店舗の個人釣具店は全然儲からねぇわ、って。まぁ、やり方次第だと思うし、中には結構稼いでる店も知らなくは無い。

 

と言ってもね。ぶっちゃけこの記事を検索でやってきて読んでくれてる方の大半は、釣具屋での勤務経験があると思う。だからこの辺りは重々分かってるかとは思う。

 

勝手な推測だけど、多分釣具屋を経営したい人の多くはルアー専門店だと思う。磯や船釣り中心でエサを扱う事も考えてる人はまだやりやすいけれど、はっきり言ってルアーの利益率って低いですよ。

 

釣具屋の利益率や優先順位の関係性を超簡単に説明するとこうなる。

 

①エサ

②ハリやシンカー等小物類

③PB商品(店のオリジナルアイテム)

④ルアー

⑤ロッドやリール

 

こんな感じ。このブログでも過去に何回か記事で書いたけど、釣具屋で最も太い柱はエサです。食品と一緒で生ものですから基本的に利益率は高いし、消耗品だからお客さんが足を運ぶ理由として最も合理的なアイテム、それがエサ。

 

その次に太い柱になるのはハリや仕掛けなどの小物類。まぁ、コレに関しては利益率は餌やPB商品ほどでもないかもしれないけど、やっぱり消耗品だから釣りに行く前に購入していく人も多いし、とりあえず買っていくアイテムとしての小物類はやっぱり強い。でも、これだってAmazonに売りを取られやすいよね・・・

 

PB商品は利益率という観点で言えばエサに匹敵します。オレが働いていたお店にもオリジナルのアイテムは沢山あったけど、普通にメーカー品のルアー売るのがアホらしくなるレベルの原価率だったからなぁ・・・ただ、これは売りたい商材ではあるけど、やはり製品としての信頼性やブランド力でメーカー品にはなかなか勝てない所もあります。だから優先順位として3位位かな。ましてや個人釣具店の資本でこういうアイテムを生み出せるかはぶっちゃけ謎ですね・・・

 

はい皆さんお待ちかねの大好きなルアー!

うん、儲かんねぇからwww

レ〇ドのルアーとか超人気アイテムもあったりするけど、正規の値段で売る側はアホらしくなりますよ。つーかコレ書いていいのかな?まぁいいかwww

仕入れの仕方とかにもよるけど、基本的には利益率は低いアイテムなのは間違いないです。

 

で!皆さん大好きなロッド&リール!!

うん、これで儲けようと思ってる釣具屋Nothingだからwww

特にダイワシマノの製品なんて、ごく一部を除けば大なり小なり割引販売しているけど、ホント一般の人が想像している以上に利益は出てませんよ。ましてやルアーや小物と比較すると販売する数は決して多くないからね。

 

 言い方が適切かは分からないけど、ロッドやリール、ルアーといった釣具屋の花形的アイテムは基本客寄せパンダです。そこメインで利益を取ろうとしてるお店なんて存在しない。

 

 

ステラや高いルアーを買ってくれるお客さんを増やす事より、毎日アミエビを買いに来てくれるおじいちゃんや、小物を揃えに定期的に足を運んでくれるお客さんを増やすほうが釣具屋経営では大事。

 

が、その客寄せ的なアイテムであるロッドやリール、ルアー、下手したら小物さえもAmazonに売りを取られーの、利益率が高いエサを扱わないーの、PB商品を持つのが難しいーの、では個人釣具店で今の時代生き残っていくのは確実に難しいです。しかも大して儲からないと来ている。

 

バス釣りが好きだしルアーに囲まれて生きていきたい!っていう気持ちもわかるが、これが現実である。

 

 

 【リアルな話、釣りに行ける時間も減る】

 これも痛手だよ。いくら好きなモノに囲まれて仕事ができると言っても、休店日は決して多くは取れないし、かといって従業員他に雇って自分の休み確保できるまでに成長させるのも時間がかかる。

 

 やり方次第だとは思うけど、基本的に接客販売業はそういうもんです。

 

 

【個人にブランド力が無いとルアー屋はやれない】

 オレがこの世で唯一Amazonではなく直接この店で買い物がしたい!」と思うお店は1件だけ。愛知県の安城市にあるB-FARMっていうバスルアー専門店です。

www.b-farm-lure.com

 

お店の近所にあるバスの超メジャーフィールド油ケ淵へ行く時に立ち寄るけど、オレは同じ愛知でも豊橋市在住で距離的に遠く、最近は油ケ淵にも全然行けてないからムチャクチャ通ってるお店という訳でもないけれど、とにかく素晴らしいお店です。

 

何が良いって、店長の浅田さん個人の人柄。本気で明るくてイイ人なのよ。しかも油ケ淵に限らず知多の野池、琵琶湖の情報にも強いし、びっくりするような人脈の広さを持っている。マーモや琵琶湖のプロガイドの人達等有名アングラーとのつながりも広い。

 

「あーそのリールね、琵琶湖ガイドやってる知り合いが言ってたけど、~こういうトコロが凄い良くて買うなら絶対こっちだって。」

「へーまじすか。そういえばこれ、○○さん(超有名琵琶湖ガイド)も確かテストに関わってるんでしたっけ??」

「うん、っていうかその人なんだ。教えてくれたの」

 

つーか、知り合いなのかよwっていうwww

 

B-FARM あさちゃんのBASS牧場

 

店のオリジナルキャップやロッドも販売してるけど売れ行きは好調なようで。個人釣具店のオリジナルアイテムでお客さんから支持される商品を作れるって驚異的。利益率もメーカー品よりかは高いだろうし、この店長く続くだろうなぁ。

 

大して常連でも無いオレが言っても説得力はないだろうけど、この人と、この人の家族が幸せに暮らしていけるならAmazonよりここでお金使いたい、と思うようなそんなお店です。

 

結局何が言いたいかって言うと、もし本気で個人釣具店で食っていくなら、

 

自分自身がお客さんに足を運んでもらう理由になる人間にならないと無理じゃね?

 

っていう事。

 

ステラは金さえ出せば何処でも買えるが、ステラをこの人から買いたい!むしろこの人から買う事に価値がある!っていうお店や人は少ない。

個人のブランド力が無いと、マジでAmazonや量販店に勝てるわけがないよ。

 

【ヒカルの動画に出てくる遊楽舎の店長がまさにいい例】

 少し釣具屋とは話が違うけれどYOUTUBERのヒカル。

 

兵庫県姫路市にある遊楽舎というカードショップで撮影した動画が沢山あるんだけど、まぁここの店長が面白い。基本的に遊戯王やその他トレーディングカード絡みの撮影でお世話になってるみたいだけど、ホントに一般人かよ?っていう位喋りが軽快で製品の説明も上手い。し、知識の幅も広い。


あのケチな店長がキン消しに諭吉を差し出したw

 

 こんな面白い一般人のおっちゃんに光を当てたヒカルのセンスは凄い。

 

実際彼の動画に出る様になって「店長に会いたくて」来店するお客さんも激増したらしく、1人で店を切り盛りしていたのが今では何人もバイトを雇えるほどになったとか。

ぶっちゃけオレはカードゲームや2次元にはあまり興味はないけど、この店長の面白さに触れたくてヒカルの動画をチェックしてるくらいです。気が付いたら遊戯王の知識が無駄に付いたわww

 

 

 【リアル店舗でやっていくならこういうのはどうだろう?】

 個人のブランド力なんて言っても、現実問題それを生むのは中々難しいと思います。

で、オレが思う、これから先リアル店舗の経営で効果的だと思うやり方を提案したいと思う。あくまで参考程度にしてね。

 

1.徹底的に商材やテーマ、客層を絞る。

バス専門店、シーバス専門店なんて絞り方じゃぬるい。

 

ビッグベイト専門店

海外ルアー専門店

怪魚タックル専門店

・・・etc

 

とか、もう方向性を極端に狭く絞る。オレ割とマジでビッグベイト専門店なんてありじゃないかと思ってる。

 

「ウチの店は6インチ以下のルアーは置いてません」

「45cm以下の魚、スピニングタックルの話は禁止」

「店内で一番小さいルアーはジョイクロ178」

 

みたいな店とか面白そうじゃんww

ぜってーここの店長頭おかしいやろっていうww

 

真面目な話、十分市場として成り立つ世界ですから。ビッグルアーというのは。問題は小物類や定期的に購入しに来てくれるアイテムをどう売るか、だが。

 

ネットが無かった時代ならこんなの流石にやり過ぎだろうけど、今の時代なら自分で発信する手段も腐るほどあるし、BASEとか使えば低予算でもネット通販を運営する事は出来る。むしろそれ位お客さんを絞る位で丁度良いと思うし、やりようはあると思う。怪魚タックルをそろえたり情報を得るために全国から人がやってくる、っていうね。

そのかわり、扱う商材やテーマに関しては変態レベルで精通してないとブランド力は発揮できないと思うけど。

 

2.極めて小さい規模で始める。

これ超大事。

1.にも通じるけど客層を絞ろうとする以上、いきなり大規模は論外だし、中小規模の一般的な店舗形態でも難しいと思う。

 

ここ、ホントに釣具屋入ってんの?っていう位極めて小さい店舗規模で、

中身は濃密な変態ワールドww

 

多分それ位の世界観で丁度良いよ。

 

 

 3.勝手に専門家や肩書を名乗る。

これも1.に通じるけど、もう勝手に自分から肩書を名乗っちゃう。

 

 日本一ワイヤーベイトに投資してきた釣具屋店長。

年間100日海外で釣りをするので、日本一開店時期が安定していない店です。

海外ルアー専門家。所有するラパラルアーは、個数ではなくkg単位で数えます。

 

とかね。いや、事実ホントに日本一かとかは別にいいのよ。だってそんなの確かめようがないし、こんなの先に名乗ったもん勝ち。村田基だって、「世界一忙しい釣具屋のオヤジ」とか平気で言っちゃうじゃんww多分事実だろうけど。

 

肩書は名乗ったもん勝ち。これは何の世界でも一緒じゃないかな?

 

釣り以外で近年有名なのはアイスマン福留。

コンビニアイス評論家とかいうニッチにも程がある肩書を自ら名乗ってる猛者ですw

www.conveniice.com

でも、今ではこれだけで食ってますからね・・・すげぇな。

 

何にせよ、もし客層やテーマを絞るならこれ位自分の立場をはっきりさせる事は必要だと思いますよ。

 

 

【まとめ】

繰り返すけど今の時代にはAmazonとかいう化け物が存在します。

 

ましてや大した利益も取れないようなルアー商材メインで扱う個人釣具店の経営は、今から普通に始めればまず失敗するだろうね。仮に上手くいったとしても大して儲からないのは確実です。

 

オレが無理ゲーだと言ってるのは、普通にモノを買う事に関してはマジでAmazonに勝てる要素が日々少なくなっていくからなんだよ。奴らの企業努力と変化のスピードは多分世界で5本の指に入るクラスだと思います。

 

不足しているトリプルフックを注文して、数時間後にはドローンが家まで届けてくれる時代が夢ではなくなってるんですよ?

最高やんww

 

だからこそ、個人釣具店をやっていくなら、Amazonや量販店に作れない価値と世界観をお客さんに提供しないといけないんですよ。しかもそれは容易な事じゃないです。

 

あなた自身が、お店に行きたくなる理由にならないといけないって事。

 

最初にも書いたけど、オレはこの業界で一旗揚げたい人は基本的にスゲー応援したい。でも、近年のAmazonの成長っぷりと変化っぷりに対抗できる術を考えていかないと、大事なお金も気力も奪われていきかねません。

 

面白い事で生きていって欲しいからこそ、自分が何をやれるのか冷静に考えて欲しいですね。

 

 

最後になりますが、もし本気で釣具屋経営に興味があるなら以下の本は参考になると思いますよ!

やっぱり! 「モノ」を売るな! 「体験」を売れ!

やっぱり! 「モノ」を売るな! 「体験」を売れ!

 

 良いモノと、良いサービスはもう余るほどに世の中には溢れている。

お客さんが本当に欲しているのは、モノやサービスを通じて得られる「世界観」や「体験」。そこで買う、その人から買う事に価値と意味を作り出す事がこれからの時代(というか今の時代)は必須ですよ、っていう事を語っています。

オレは釣具屋時代にこれを読みたかったなぁ、と思いますね・・・もう少し店員としてのあり方が変わったかもしれないし。

Amazonや量販店に作れない価値と変態ワールドのヒントが欲しいならマジ必読。

 

 

ハイ・コンセプト「新しいこと」を考え出す人の時代

ハイ・コンセプト「新しいこと」を考え出す人の時代

 

経営とは少し違う内容だけど、これも基本的な考え方は前書と似ている。というか、前書で書いてる事はこの本の内容を分かりやすくまとめたものともいえる。

スゲー濃密な内容だから超ざっくり説明すると、

 

モノも沢山あってみんな豊かだけど、精神的なワクワクは足りてない。

だからみんなと共有したいストーリーや世界は何かを考える事が、新しい価値を生む人になっていくよね!

 

っていう感じ。実際は興奮するレベルで濃密やでww

釣りっていう遊び体験を売るならこれも必読。

 

 

参考になれば幸いです。

 

 

以上、ムラキでした。

 

この記事も読んでかない?↓

buramuraki.hatenablog.com

buramuraki.hatenablog.com

buramuraki.hatenablog.com

f:id:buramuraki:20180915182539p:plain

 

【特に琵琶湖】ヘビキャロで大遠投やる人の99%が忘れているウルトラ大事な事。

どーも、元釣具屋店員のムラキです。

いらっしゃいませー

f:id:buramuraki:20180828225810p:plain

数年前まで琵琶湖に通っていました。

琵琶湖に通うようになって心底驚いた事は、釣り人の投げてるリグのヘビキャロ率の高さ!まじみんなヘビキャロじゃんっていう。案外ライトリグも多いけどね。しかも普通に1oz以上のヘヴィーシンカーでブンブン投げまして100m近く遠投してる人もゴロゴロいるし、ホントにここは湖なのか??と不思議な感覚さえ覚えたw

 

で、別に琵琶湖に限った話ではないのですが、ヘビキャロをやっている人を沢山見て来たけどマジで99%の人は死ぬほど大事な事をやっていない。

 

それは、ラインの結び直し。

 

冗談抜きで大事な話です。

 

今日もぶっちゃけるよ!

 

 

目次

 

 

 

【あなたがぶん回しているそのシンカーは”弾丸”だという事を忘れてはいけない】

率直に言えば、投げ切れは怖いよ!っていう事。

 

まぁ、琵琶湖に多い三又式ヘビキャロはそうでもないけど、一般的なバレットシンカーを用いるヘビキャロなんかは、どうしても遠心力でシンカーがスイベル側の結び目に大なり小なりダメージを与える。この衝撃はシンカーが重たくなればなるほど増していく。それに、結び目から切れる以外にも、単純にラインのどこかが何かにこすれてダメージを受けている可能性だってある。これは三又式でも同じ。

 

事実オレが昔やらかしたんですが、ロックフィッシュ狙いで海でヘビキャロをやっていて、キャストしようと後ろにテイクバックした瞬間にラインブレイクした。21gのバレットシンカーが真後ろに文字通り弾丸の如く飛んで行った・・・

幸いそこは漁港内の突き出した堤防。後ろには海があるだけなので良かった。だがもし後ろに民家、車、人がいたとしたら・・・思い出すだけでもゾッとするね。その時ラインの結び直しはおろか、ラインチェックすら行ってなかったよ・・・

 

 

【マジで下手すればシャレにならない結果に・・・】

ヘビキャロで用いるようなヘヴィーシンカーがキャスト時にラインに与える負荷というのは凄まじい。事実、ヘビキャロをベイトでキャストしてバックラッシュが起きると、高確率でラインブレイクする。

もうトラウマになるレベルの断裂音と共にねww

 

少し話が違うけど、確かキムケンが言ってたんだったかな?アメリカでパンチングとかフリッピングをする時は硬いフェイスガードをする人もいるらしい。要はすっぽ抜けた時にシンカーがすっ飛んできて、自分や同船者の顔に直撃してしまうリスク対策でなんだと。その手の釣りだと超至近距離だし、ロッドの打点からして顔や頭部目掛けてすっ飛んできてもなんらおかしくないよね。

特に硬度最強クラスのタングステンシンカーとかリアル凶器だよ。マジ下手したら死亡事故にもなりかねない。

 

仮に切れて飛んでいくのが前だろうが後ろだろうが、横だろうが真上だろうが関係ない。単純に、

 

「いっけねぇ~」

 

では済まないレベルの大けが、損害が生まれても全く不思議ではない事実をヘビキャロをやる人は忘れてはいけない。ホント琵琶湖なんて、ずら~~~っと人が並んでみんなして大遠投しているエリアとかふつうにあるけども、定期的に結び変えてる人なんて殆ど見た事ない。

 

安全という釣りの基本をみんな忘れてないかい?

 

後悔してからじゃ遅いぜ?

 

 

【まとめ】

要点をまとめます。

 

・ヘビキャロで用いるような重たいシンカーがラインや結び目に与える負荷は大きい。

 

・結び目は勿論、メインライン全体のラインチェックが超大事。

 

・ヘヴィーシンカーは凶器になる。

 

 

正直、ヘビキャロを安全に投げる為には投げ方も大事ですけどね。オレが後ろにすっ飛ばしてしまったのも、明らかに投げ方も悪かったからなぁ。

だが、ラインチェックと安全確保はそもそも釣りの基本。

 

プロや有名アングラーはこういう部分も啓蒙するべきでは?とも思いますが。

 

安全に楽しむ参考になればと思います。

 

 

以上、ムラキでした。

 

この記事も読んでかない?↓
buramuraki.hatenablog.com

buramuraki.hatenablog.com

【事実8割・妄想2割】キスの持ち込みでやって来た女の子のツインパワーにアドレナした話。

どーも、元釣具屋店員のムラキです。

いらっしゃいませ~

 

 

 

釣具屋では、毎日のようにお客さんから魚の持ち込みがあります。

計測してお客さんと魚の写真を取る事も多いし、場合によってはブログにアップしたり、新聞社に送ったりする事もある。

 

 

ある時、若いカップルのお客さんからキスの持ち込みがあった。

 

 

 

でかい。

 

 

でかすぎる。

 

 

 

 

彼女の2つの塔が。

 

Tシャツを押し広げるツインパワーがえげつねぇ。

 

しかも可愛いときてる。今で言うカーリング吉田知那美鈴木夕湖を足して2で割って、ツインパだけは3割増ししたようなオレ的にハウスど真ん中なルックス。

彼氏というガードストーンさえなければ。

 

けっ。

 

 

 

「写真撮ってもらって良いですか??」

 

 

喜んで。

 

 

「今お店忙しくないですか?」

 

 

貴女のツインパに忙しいです。

 

 

 

キスをトレーに並べ、それを2人に持ってもらう。

 

「こんなに一杯つれるなんて思わなかった!」

「な?釣り面白ぇだろ?」

「うん、そだねー

 

 

おい彼氏ちょっと変われ。

テイクアウトすんぞこら。

 

 

 

 

トレーは彼女が持つ事に。

 

抱えてたトレーを体に引き過ぎててキスがあまりよく見えなかったので、少し前に出してもらうようにお願いした。

あかん!!

金メダル級の膨張感が、腕前に出したせいで魅力減しとる!

 

「あっ、もうちょっとだけ引いてもらって良いですかね?」

 

OK、銅メダルクラスに復帰。

 

 

 

 

 ムラキ「差し支えなければ店のブログにアップしても良いですかね?」

 ツインパ「あ~ちょっと・・・」

 テイクアウト「NGで。」

 

 

 

あ??何スマートに断ってんだよ?

 

つーかなんだNGってよ??ノーマルギアか?

 

ツインパのもぐもぐタイムはスローで丁寧にも、ハイテンポでガンガン探るのにも対応できますってかオイ??

 

それともツインパのツインパが意外とXD仕様で、内部がラビリンス構造でなかなかこう、

 

 

ツインパ「あっ、でもお店に写真は飾って欲しいです♡」

 

 

 

喜んで。

 

 

 

 

”諸君、狂いたまえ。”

by吉田松陰

 

 

以上、ムラキでした。

 

この記事も読んでかない?↓

buramuraki.hatenablog.com

buramuraki.hatenablog.com

buramuraki.hatenablog.com

北海道胆振東部地震。

9月6日に発生した北海道胆振東部地震

 

亡くなられた方々にお悔やみ申し上げますとともに、被災された多くの方々に心よりお見舞い申し上げます。

 

 

 

あんまりカッコイイ事は言いません。

 

 

 

お金を出せる人は出しましょう。

 

donation.yahoo.co.jp

Tポイント、クレジットカードで寄付する事も可能です。

 

 

ワーム一袋、ルアー1個分のお金で素晴らしい釣りの宝庫でもある北海道と、そこに住む人たちの為になります。

 

 

あんまり気の利いた事も出来ませんが、北海道出身のメタルバンドGYZEが急遽作成した音源です。


Far Eastern Land 北海道胆振東部地震 - GYZE OFFICIAL DEMO

著作権フリーの音源もダウンロード可能です(詳細は概要欄を)。

 

 

今出来る事だけ考えましょう。

 

 

ムラキ

釣人「海でよく釣れるバスルアーってある?」、元釣具屋店員「ある!ソルトでも有効なのが!」

どーも、元釣具屋店員のムラキです。

いらっしゃいませ~

 

f:id:buramuraki:20180910224100j:plain

 

 

バスルアー沢山持ってるし、せっかくならシーバスや海の魚も狙ってみたい!

 

そういう人は多いと思います。

オレも一時期色々実験したねぇ。

 

今回はオレが実際にソルトの釣りで使ってきたものや、使った事は無いけどソルトで実績のある事が分かっているルアーについて紹介します!

 

因みに先に大事な事を言っておこう。

 

トリプルフックの交換は絶対やでw

 

今日もぶっちゃけるよ!

 

 

目次

 

 

メガバス DOG-X スピードスライド】

 ターゲット・・・シーバス、チヌ

 

これは下手したらバスより魚掛けてきたかもしれないww

 

とにかく何が良いって、ソルト用の長いロッドでもドッグウォークがむちゃくちゃやり易いんですよ。だから疲れにくい。スライド幅やスプラッシュ音のアピール力も絶妙。強すぎず弱すぎずないので、ソルトで使うには丁度いい気がする。

かなりオールラウンドに使えるペンシルですね

 

メガバスさん、ソルトバージョン出しません??

 

 

【エバーグリーン シャワーブローズ】

エバーグリーン(EVERGREEN) ペンシルベイト シャワーブローズ 12.5cm 26g ベイビーギル #050

エバーグリーン(EVERGREEN) ペンシルベイト シャワーブローズ 12.5cm 26g ベイビーギル #050

 

 ターゲット・・・チヌ

 

一応言っておくと、ダウンサイジング版のショーティーの方ではない。

まぁ、そっちも釣れますけど。事実、ショーティーのチニングでの有用性は割と有名。

 

が、オリジナルサイズのポテンシャルの高さは本気でヤバイ。初めてチニングで使った時、どえらいルアーを見つけてしまったと手が震えたのを覚えてます。

 

チヌが奪い合うように水柱を炸裂してくる姿に恐怖を覚える覚悟がある人だけ使って下さい。

 

 

【ヘドン オリジナルザラスプーク】

HEDDON(ヘドン) ルアー オリジナルザラスプーク X9255OLB

HEDDON(ヘドン) ルアー オリジナルザラスプーク X9255OLB

 

 ターゲット・・・シーバス

コアマン代表の泉裕文氏が昔から推してる事で有名。

正直言うと俺自身は使った事は無いです。

ソルトではね。


コアマンチャンネル vol.50「泉裕文の語るへドン オリジナルザラスプーク」チューニング編

YOUTUBEのコアマンのチャンネルで、ご本人がフック交換の仕方まで解説してます。ちょっとだけめんどくさいからね。

こんだけ推すって事は余程好きなんだなw

 

 

【Viva コーゾースピン】

コーモラン(CORMORAN) ルアー KOZO SPIN #184N パープルギル

コーモラン(CORMORAN) ルアー KOZO SPIN #184N パープルギル

 

 ターゲット・・・アジ、メバル、根魚全般、シーバス

 

この一口サイズでスピンをぶるぶるブン回されたらそりゃ海の魚だって食うしかないよww

ただ巻きでもいいし、ボトム付近でリフト&フォールでもOK。

 

実際釣具屋で働いてた時、案外アジングやソルトのお客さんも良く買って行ってましたね。

 

 

【ケイテック スイングインパクト ファット】

KEITECH(ケイテック) ルアー スイングインパクトファット 3.8インチ 426 セクシーシャッド

KEITECH(ケイテック) ルアー スイングインパクトファット 3.8インチ 426 セクシーシャッド

 

ターゲット・・・根魚全般(特にハタ系)、ヒラメ・マゴチ

 

まぁ、見事に海でも釣れる。テキサスでもジグヘッドでも何でも来やがれw

 

とにかく何が素晴らしいってアピール力がデカい。ソルト用のシャッドテールワームでここまでテールとボディの振り方が大きいモノは中々無いからね。

 

動きが大きいという事は、フォールスピードがゆっくりになるという事。

テキサスリグのリフト&フォールでハタを良く釣ったなぁ。

 

お店によってはソルト向けのオリジナルカラーがあったりするし、全国的に実績があるという事だろうね。

 

 

【OSP ドライブクロー】

 ターゲット・・・チヌ、根魚全般

 

釣れるけど、少なくともカサゴ狙いではお金に余裕がある人だけにした方が良いです。

釣れすぎてあっという間に一袋無くなるよww

落とした場所に根魚いたらほぼ一撃だね。

 

因みに普通にソルトカラーもラインナップであります。

 

 

【デプス デスアダーホッグ】

デプス(deps) ワーム デスアダーホッグ 3インチ サクラベビー #45

デプス(deps) ワーム デスアダーホッグ 3インチ サクラベビー #45

 

ターゲット・・・根魚全般

 

これもよく使ったなぁ~

 

正直アピール云々より、針持が良いんですよ。

ワームもズレにくいし、ストレスなくテンポよく探っていけるから、結果的に良く釣れる。

 

つーかこれでバスより根魚の方を沢山釣ってきてるしねww

 

 

ゲーリーヤマモト ヤマセンコー】

 ターゲット・・・シーバス

 

これは地味に有名。

 

激スレポイントのナイトゲームにオススメです。

軽ーいジグヘッドリグで、シンキングペンシルのイメージでスローに巻いてくると最高だね。激戦区で釣りしてる人は一度試して欲しいですね。

飛距離も結構出るし、遠投性もバッチリ。

 

バチパターンでもイケるかも。

 

 

【ガンクラフト ジョインテッドクロー】

 これもシーバスでの有効性は有名だし、エイムスとコラボしたジョイクロもある位です。

 

ただ、最近オレがビビったのがコレ↓


チヌ釣り 〜ビッグベイト編〜

マジ!?チヌまでいけるの??

つーかよくフッキングしたなぁ、あの太軸のフックで・・・交換してるかもしれないけど。

 

昔だったら誰もやろうなんて思いもしなかったよなぁ。

 

 

 【まとめ】

 海でも使える、有効なバスルアーは割とあります。

今回紹介したのは。ある程度自信と説得力を持って紹介できるものだけに絞りました。

ここでは書かなかったけど、「話には聞くけどね・・・」っていう程度の事しか分からないようなモノは省きました。

 

バスはソルト以上に食性以外に訴えて誘い出すものも多いですし、固定観念を取り払えば面白い世界が待ってるかもしれませんよ。

 

是非試してみて下さい。

 

 

以上、ムラキでした。

 

この記事も読んでかない?↓

buramuraki.hatenablog.com

buramuraki.hatenablog.com

グレのルアーゲームはブルーオーシャン。釣り業界で一旗揚げたい人間は1秒でも速く飛び込もう!

どーも、元釣具屋店員のムラキです。

いらっしゃいませー

 f:id:buramuraki:20180909115849j:plain

ペンギンというのは、実は群れに強いリーダーやボスというのが存在しないらしい。

 

彼らは常に集団で行動するが、狩猟のために水中へ飛び込む時は、一番最初に先頭を切った個体に付いていくそうだ。先頭を切る奴はボスでもなければ強い個体でもない。

 

ただただ”最初に飛び込む勇気があった”だけ。

 

当たり前だけど、先頭を行くやつにはリスクがある。シャチ等の天敵がいるかもしれないのだから。でも、一番最初に飛び込んだ奴が一番多くの餌にありつけ、安全を示す事で他のペンギン達も次々に飛び込む事で自分の狩りはさらに効率良く行える。

 

 

一番最初に飛び込む勇気のある奴だけが、一番旨味にありつける。これは人間だってそうだろう。何時の時代の何の世界であっても、世の中の本質は変わらない。

 

一番最初に旗を掲げ

一番最初に飛び込み

一番最初にリスクを負う。

 

そういう人間だけが、一番最初に注目され、価値を生み、大きなお金の流れを生み出せる。一番最初に公言する事は、どんな才能を持ってしても敵わないステータスを得られると思う。

buramuraki.hatenablog.com先日も少し書いたけど、本気で釣り業界で一旗揚げたい人は、

 

 

グレのルアーゲームで、

ファーストペンギンを目指してみてはどうだろう?

 

もしこれが確立されれば、ムチャクチャ面白いゲームが生まれると思うね!

それに、まがいなりともこの業界に携わって来た人間からすると、グレ×ルアーという構図にはとてつもないポテンシャルを感じるのですよ。これはゲームフィッシングという観点でもそうだし、市場という観点からでもそうです。

 

 

 

釣りで一旗揚げて、ドデカイ事やらかしたい人は是非最後まで付き合ってくれないかい?

 

 今日もぶっちゃけるよ!

 

 

目次

 

 

【つーかグレってルアーで釣れるの?】

 釣れる。狙って釣ったか否かはさておき、昔からそういう話はちょくちょく聞きますね。ワーム、ミノー、ジグ等に食ってきたっていう。

最近読んだ記事だと、こういう釣り方で狙う人もいるようです。

tsurinews.jp

へぇ~面白い。

 

多くは無いが、YOUTUBEにも検索したらいくつか動画は出てくるね。


まさかのジグでグレ❗5枚釣れた

 


グレはミ~ステリ~私を呼~ぶの~♪ライトゲーム メバリングも

 (7:10~からグレを狙ってます)

 


メジャクラ『トルザー』で何とグレ&アジ&カマス!

 

まともに出てくるのは現時点ではこれだけ。これに肩を落とすか、チャンス!と思うかの差は大きいと思う。

ただ、ルアーでも釣れるのは現時点で十分分かっているけど、問題はこれをルアーゲームとしていかに成立させていくかです。ぶっちゃけ相当難しいと思う。お金・時間・労力・情報とあらゆる資源を投下しないと、パターンや釣り方を確立させるのはなかなか難しいんじゃないかな。

グレの性質上、場所、掛けるまでの過程、掛けてからの獲り方、そしてそれに必要なタックルと試行錯誤するべきポイントは山積みになるだろうね・・・

 

それでも興味がある人はもう少しオレに付き合って欲しい。

 

 

【何故グレのルアーゲームには高いポテンシャルがあるのか?】

言うまでもないけど、グレは現時点で既に磯釣りでのメインターゲットとして君臨している魚種。潮の変化に敏感で、撒き餌と付け餌との同調等掛けるまでの知的戦略性に富み、掛けてからの強烈なファイトも大きな刺激になっているよね。単純に釣りのターゲットとしての価値はもう十分に確立されている。

で、もしこの魚がフカセ釣りみたいに沢山の道具もいらず、エサで手を汚さず、高いゲーム性を持ってルアーで狙えるとなるとどうだろう?どう考えても狙ってみたいよね!間違いなく人気が出るだろう。エギングやアジングが大きな市場として釣りのジャンルを確立できた理由もそこですから。

 

でもそういう理由以上にグレという魚には、もっと強烈なポテンシャルを感じるのですよ。

 

何言ってんだコイツ?って思われるのを承知で言えば、

 

ブラックバス並みに、ルアーでの多彩な反応のさせ方を楽しめる可能性がグレにはあると思っています。

 

ブラックバスが大げさなら、メバルやシーバスでも良いです。要はボトムから表層まで釣れる可能性があって、狙い方もただ巻きからボトムを丹念に探るような釣りまで、多彩に楽しめるんじゃないか?と。

 

 

固定観念なんかいとも簡単にぶっ壊せる】

グレは警戒心が強くて臆病な魚。それに目が良いから出来るだけ繊細なラインで狙うのがセオリーであり一般論だと思う。実際「メジナ 性格」で調べてみると、そういう話を散見する。だから普通に餌釣り師からすれば「ルアーなんかで釣れるわけねーよw」って思うだろう。

 

でもね、はっきり言うけど、

 

警戒心が強くて臆病、って

どんな魚でも基本そうだよwww

 

割と簡単に釣れるイメージのあるブラックバスでさえ本質的には警戒心が強いし超臆病。リアルな話、「こいつ人間舐めてんのか??」っていう位神経が図太い魚って、鯉位じゃないかな?鯉は、自分がキングだと思ってる節があるからねw

 

チヌだって昔だったらトップウォータールアーで狙います」なんて餌釣り師に言おうものなら「キミ釣り知らなさすぎww」って笑い者にされてたはずだよ。オレの親父なんか昔からフカセ釣りをやってきてる人間だが、未だに信じられないらしい。ルアーでチヌが釣れるという事実そのものに。チヌなんて昔からよく、夜釣りで煙草に火を着ける際は海に背を向けないといけない、と言われて来た程神経質で警戒心が強いイメージがあるからね。

 

でも、今となってはチヌはルアーでの人気ターゲットの一つになったよね。だから釣り人の固定観念なんて案外簡単にぶっ壊せるんだよ。

 

正直オレもフカセでグレ釣りをやり込んでいるわけでも、ましてや文献レベルでグレという魚を調べた事が有る訳でもないが、グレって恐らく釣り人が思っている以上に攻撃的で、縄張り意識が強く、好奇心も旺盛な魚なんじゃないかな。

 

事実、グレの群れが陣取っている場所に他の魚が近づこうモノなら、フルボッコにしてくるらしいし、冒頭で挙げたジグで釣った動画だって、恐らく食性以外での反応だろう。

 

やり込んでる人が少ないだけで、彼らの習性を活かしてルアーで狙い撃つようなワクワクする方法は沢山あるんじゃないですかね??

もしグレという魚のルアーゲームフィッシュとしてのポテンシャルを引き出すことが出来れば、いやらしい話だが大きなお金が動く市場が出来上がると思いますよ。

 

 オレが一旗上げたいなら、というのはそういう観点です。

 

 

【グレをルアーで反応させられる可能性があると思う3つの釣り】

フロートリグ、ジグヘッドリグ、メタルジグで釣れる方法があるのは冒頭で紹介した記事や動画でも分かっている事だし、ここからは完全に俺の仮説として「これもいけるんじゃね?」っていうルアーです。

 

別に実体験が有る訳でも何でもないから、あくまで妄想ゲームと思ってね。

 

可能性その1.ビッグベイトで威嚇バイトを狙う。

f:id:buramuraki:20180909172009j:plain

ギル型のタイプなんて割と真剣に良いんじゃないかな。扁平でフォルムがグレにも似てるし、縄張りに侵入してきた自分らに似た奴に向かって「お前誰やねん!?」的に突進してくるっていう。

これでもし釣れたら吠えるだろうなw

 

可能性その2.スモラバでフワフワどーん!

f:id:buramuraki:20180909173339j:plain

普通のジグヘッドリグとかでもいいけど、ラバーがある事で潮を掴みやすく、スローな沈下速度で落とし込んでいけそうじゃない?瀬際を這うように落とし込んでみるとか、潮に乗せてフワフワ流して潮の壁まで運んでからのトゥイッチでドーン!みたいな。

潮の流れは間違いなく1つのキーだと思います。

 

 

可能性その3.ミノーのギラギラジャーキングで挑発。

f:id:buramuraki:20180909174943j:plain

 これも威嚇バイト狙いで。シンキングミノーでポーズを長めに取りながら、グレの縄張りにジワジワと挑発する。

 

威嚇バイトも、グレをルアーで狙うなら大事なキーになる気がするね。

 

可能性その4.スプーンでヒラヒラフォール。

f:id:buramuraki:20180909180536p:plain

ジグでも良いけど、もっとスローにヒラヒラとフォールさせるアクションが良いような気がする。

 

少なくともジグでは釣れるみたいだからね。

 

 

なんか書いてると段々ワクワクしてくるねww

こんなんで釣れたら面白いだろうな。

 

 

 

【絶対に忘れてはいけない。開拓者にはリスクがある事を!】

グレのルアーゲームは、間違いなく開拓してみる価値が高い釣りだと思います。絶対に面白いだろうしね!

 

が、ここからは少しネガティブな側面でこの釣りについて考察してみたい。

多分リアルに直面する事になるだろうから。

 

リスクその1.フカセ師からのバッシング。

現時点で一番懸念されるのはこれだろう。

 

「荒らすな」

 

と。

ましてや磯、特に沖磯というのは長年フカセ師の独壇場だったわけですよ。ヒラスズキや青物狙いのルアーマンもここ10数年で磯には増えたけど、狙う魚種も違うし、同じ磯でもフィールドや釣りに行くタイミングも絶妙に異なるからそこまでぶつかる事は少ない(ゼロじゃないが)。ところがそこに、同じ魚を狙うルアーマンがやってくるとなると、あまり良い顔はしないだろうね・・・

 

言葉は悪いけど、フカセ師には頭の硬いお年寄りも多いので。

 

リスクその2.ぶっちゃけマジ手探りでイチからの研究が必要

オレもこの記事書く前に色々ググって調べたけど、冒頭の記事以外でまともにメソッドとして情報が得られる記事は出て来なかった。

やってる人が少ないのか、あるいはひた隠しにしてるのか分からないけど。

 

ヒラスズキのルアーゲームの開拓者でもある村越正海も、確か開拓し始めて最初の1年位は全く釣れなかったんじゃなかったかな?今ほど情報を得られる手段も少なく、というか情報そのものが無い時代での新しい釣りの開拓には相当な苦労と研究があったはず。

 

イチから開拓するというのは割とマジで覚悟がいると思いますよ。

 

リスクその3.金も必要。

これも間違いない。渡船代しかり、装備代しかり、場合によっては全国の磯を渡り歩く必要もあるかもしれないし交通費やガソリン代もバカにならないだろう。

 

この釣りで一旗揚げたい人はこの辺りも一つの障壁になるだろう。

 

 

【新しい釣りのパイオニアになりたければSNSで他者を巻き込め】

ぶっちゃけた話、釣り業界というのはSNSの有効性を活かせてない節がある。いや、頑張って発信してるのよ、プロアングラーもメーカーも。

 

主に宣伝をねww

 

You達、宣伝のための道具としてしか使う気無いの??っていう。

 

SNSの力の凄まじい所は、他者を巻き込む力だと思うのですよ。

 

本題とは少しずれるけど、以前クラウドファンディングで出産費用を募ろうとした大学生が炎上したよね。

クラウドファンディングで出産費用を募ることは「悪」なのか? | でこぼこあーと

応援してくれる人も沢山いて目標金額には達したけど、結局キャンプファイアの規約に引っかかるとかで、審査に通らなかったらしい。

※今年の3月には無事出産出来たそうです。

 

出産費用をネットで募る事の是非は置いとくとして、オレがこの話を聞いた時に感じたのは、別に権力もステータスも無くても自分の発信1つでこれだけ他者を巻き込める時代のポテンシャルの高さなんですよ。これまでの歴史では考えられなかった事です。

 

 

釣り業界というのは秘密主義者も多いです。し、表向きは情報を発信してるようで、大事なミソを巧みにひた隠すのが上手い人達も多い。

 

ね??奥村和正さんw

 

いや悪く言ってるわけではないけどさ。実際、自身でも世界記録のバスを狙っているのにとてもオープンな方だと思いますよ。でも割とキモは濁してるんだろうなぁ、って感じる事はちょいちょいあるw

 

とにかく言いたいのは、もっと周りを巻き込んで「皆もやってみてよ!新しい発見が有ったら教えてよ!」っていうオープンスタンスの方が結果的には自分も上のステージに行けるんじゃないですか、って事を言いたいんです。

 

 

どこかの国のことわざで、

 

「早く行きたければ、1人で進め。遠くまで行きたければ、みんなで進め」

 

というのがあるらしいが、ムチャクチャ納得できる。

 

新しい釣りを深く開拓したいなら、ある一定までは1人(もしくはごく少数)でコツコツと仮説を積み重ねて、いくつかの結果やデータを提示出来る位になるまで追求した方がスムーズに行くと思うし他者への説得力も増す。でも、そこから先は今の時代の武器を最大源に活かすほ方が、より有益なヒントが得られ、より深い回答が得られるんじゃないかな。

 

というか結果的にはその方が早く求めた結果に辿り着くんじゃないかと思います。

 

 

 

【まとめ&ちょっとだけ煽りタイム】

スゲーいやらしい話だけど、面白い釣りというのは、大きなお金が動きます。

釣り人にとって刺激的な興奮要素が多い釣りはすべからく大きな市場を作っている。

でも、その割にはパイオニア的アングラーでさえも大きなお金を得たり、ステータスを得る事は難しかったのがこれまでの時代。

 

でも今の時代は、違うよね。自分からガンガン発信できるし、それで収入を得る手段を作る事だって別に無くは無いんですよ。でも当たり前だけど、既に確立された釣りの世界で今から情報発信したって、それで名を上げたり、それだけで食っていくなんて難しいですよ。だって他の人間も既に沢山やってる事だもん。

 

デカバス 釣り方

エギング コツ

釣れる シーバスルアー

 

なんて、ググっただけでもう数えきれないほどの情報が出てきます。そりゃレッドオーシャンも良い所。

 

でも、まだ開拓されていないブルーオーシャンの釣りで、他にブログで誰も記事を書いてないような事を自分が発信すれば、それだけでパイオニアとしての価値が生まれます。

 

そして今、そのブルーオーシャンとしてのポテンシャルが最も高い釣りがグレのルアーゲームだとオレは思います。マジでビックリするような釣り方が生まれても不思議じゃない魚だと思う。

 

 

因みに断言するけど、しばらくは「グレ ルアー」の検索でこの記事一位取りますよw

グレをルアーで釣った事ないし、自分で開拓する気も全くないけど、他に誰も書いてないもん。これだけの文字数で。

 

ゲスいけど、オレがしばらく美味しい所頂くんでww

 

 

釣り業界で一旗揚げたい人

釣りでデカい事やらかしてみたい人

釣りで名を売りたい人

 

それで良いのかい?

 

他人が既に作って来たルアーゲームの市場で四苦八苦しながら名を売るのと、まだ誰も飛び込んでないブルーオーシャンで名を売るのとどっちが面白いんだろうね。

 

闘志のある若者がガンガン挑戦しないとこの業界は盛り上がらないよ。

 

もし、本気でこの釣りを開拓したい人や、既にしてるっていう人は是非ブログでもYOUTUBEでも絶対始めるべきだよ!

 

オレ、割とマジで応援しますよ。


MAN WITH A MISSION 『Raise your flag』

一番最初に旗を掲げて飛び込んでくれるファーストペンギンを待ってます。

 

 

以上、ムラキでした。

 

この記事も読んでかない?↓

buramuraki.hatenablog.com

buramuraki.hatenablog.com

釣人「PEラインの巻替えの時期は?」、元釣具屋店員「短くなったら交換しよう」

どーも、元釣具屋店員のムラキです。

いらっしゃいませー

 

f:id:buramuraki:20180908172828j:plain

 

PEラインの交換時期の目安って、お客さんからもメチャメチャよく聞かれたんだけど、確かにこれは結構悩みますよね。昔はオレもよく分かんなかったです。

 

だがぶっちゃけよう。

 

 

正直今でもよく分かんないですww

 

目安としてよく言われている「ラインの毛羽立ちが目立ち始めたら交換」っていうのもオレは納得してないし、ぶっちゃけ半年以上巻いてるラインでも別に問題なく使えた事も多いです。

 

結論から先に言ってしまえば、フルキャストしたりルアーや仕掛けを落とした時にスプールの底が見えて来たら交換”っていう目安で十分じゃね??っていうのがオレの持論です。

 

それに、この話はPEラインを扱う上で滅茶苦茶大事な要素にもつながるのですよ。

 

 

今日もぶっちゃけるよ!

 

 

目次

 

 

 【大前提:ぶっちゃけ、PEラインはそもそも劣化しにくいよ】

水を吸わないからナイロンやフロロみたいに吸水性による劣化は度外視できるし、塩分が繊維の隙間に入り込む事による劣化やダメージだって、年中リールを高温多湿な船内や車内に放置してるような雑な人以外なら別にそこまで神経質に気にしなくてもいいのでは?と思いますね。

 

オレが釣具屋で働いてみて驚いた事の一つは、船釣りで使う電動リールのPEラインをほぼ巻き替えてないような人も多い事です。例えば、電動リールの修理受付でお客さんのリールを見ると、色落ちや毛羽立ちが半端ないケースが多いのですよ。

働いていた店の地域は船釣り客も多かったのですが、その割には普段から電動リールの糸巻の依頼は多くないです。多分、購入した時に巻いたラインをずっと使ってるっていう人も多いんじゃないかな?

まぁ、それが良いとは言えないし、電動リールに巻くPEラインは4~6号位の太いモノを使う事も多いので、1号前後の細いPEとかとは平行に比較できないけどね・・・

 

何にせよ、少なくとも数か月~半年そこらの使用劣化に関してはそこまで気にしなくていいと思いますよ。

 

 

【太い号数のPEであれば、ぶっちゃけ1年以上使っても平気だと思う】

少なくとも5号以上のPEラインであれば、余程劣悪な環境で放置してるとかでなければ、使用劣化によるラインブレイクとかって別に気にする必要は無いと思いますよ。マグロやカジキみたいに長時間高負荷をかけてファイトする釣りなら話は別だけどさ。

 

ましてや、塩を浴びないバスのフロッグやパンチングで使うようなPEなんて、号数を変えたい人以外は巻き替える必要はほぼほぼ無いでしょう。そんな大遠投する釣りでもないしね。

 

 

【PEの劣化具合は正直分かりづらい!】

冒頭にも書いたけど、オレも未だに「ラインがこういう状態になったら交換」という明確な目安は分かんない。ナイロンフロロだと、変色の具合や毛羽立ちの出やすさが、ラインの切れやすさやライントラブルにリニアに関係していくのが体感として分かるけど、PEの場合その辺りがイマイチ分かりづらい。

別に多少毛羽立ったPE使ってても、高切れやファイト中のラインブレイクなんかが多発した事も無いしね。

 

確かに毛羽立ちの具合は一つの目安だけど、毛羽立ちが出始めたら即交換なんて事はあり得ない。だから、0.4号以下の極細PEラインでもなければ、多少の毛羽立ちや色落ちなんかは気にしなくていいです。

 

だから基本的にオレがPEを交換するタイミングは、

 

フルキャストや仕掛けやルアーを落とし込んだ時にスプールの底が見え始めた時。

②号数の変更や、別のPEラインを使用したい時。

③致命的なライントラブルで大量にPEラインを破棄しないといけなくなった時。

 

この3つ位かな?特に①なんてそもそも釣りにならなくなるからね・・・

 

この①②③のどれかで交換する時期は大体数か月~半年位が殆どですね。

 

で、ここからがある意味本題です。

 

ぶっちゃけた話、PEラインでホントに気にしないといけないのは使用時間による劣化よりも、

 

ライントラブルを回避する事。

擦れたり結びこぶが出来た個所は容赦なく切り捨てる事。

 

です。

これ、意外とみんな見落としがちやで!!

 

 

【塩分や紫外線よりも、ライントラブルで生じるダメージの方が深刻】

マジでコレですよ!

 

塩抜きとか、コーティングスプレーだとかそんな事以前に、PEがもつれたりバックラッシュしたりしないようラインを操作する事の方が、ラインの長持ちには遥かに大事です。まぁ、コーティングスプレーに関してはライントラブルの防止にもつながるけどね。

 

ダンゴになったり、結びコブが出来てしまうと想像以上にダメージがデカい。

 

リーダーとの結束でもそうですが、PEラインは結びコブ一つでも出来た時点でそこがウィークポイントになります。し、PEのライントラブルで生まれたコブって取れにくいんですよね・・・しかも無理にとろうと爪等でいじると余計にラインを痛めますし。

 

他にもガイドにラインが絡むトラブルもありがちですけど、これだって下手したら岩にこすれてるような状態と同じになにますよ。だってガイドのフレームって金属で硬いじゃん。これにがっちり巻き付いた時のPEへの負担って案外バカに出来ないんじゃないかな。

 

 

 なので、岩や障害物にこすれた箇所は当然として、ライントラブルで酷くもつれたりコブが生まれた箇所は非情なまでに切り捨てよう。明らかに脆弱と分かってる部分を残すメリットは皆無ですからね。

 

それに、軽くてコシが無いPEラインは糸ふけが生まれやすいので、油断してると軽いテンションで”フワッ”と巻き込んでしまいやすい。キャスト時にそこから一気にラインがドバっと放出してバックラッシュ・・・というトラブルが起きやすいんです。

特に風が強い日や、軽いルアーやリグを多用するライトゲームなんかはこれが起きやすいね。なので、PEはライントラブルを回避する意識がムチャクチャ大事です。

具体策としては、

 

・キャスト時に余分な糸ふけを出し過ぎない様、着水直前にサミングをしっかりやる。

・糸ふけが出過ぎた時は、ロッドを立てたり操作してテンションを軽く張りながら巻き取ってやる。場合によってはリールと元ガイドの間のラインを指でつまみながらテンションをかけて糸ふけを巻きとる。

 

これが基本ですし、これが最大の劣化予防策です。

PEの交換云々からは少し話がそれてると思うかもしれないけど、ライントラブルを防ぐことはPEをダメージから守る上で一番大事だという事をここで強調したい。

 

釣りを快適でスマートにする基本というのは、実はラインに一番優しい使い方なんだよ。

 

【PEラインのトラブル防止で分かりやすい動画】


黒鯛PEフカセ ザ・バイブル [トラブルを回避する遠投動作の真髄]

PEフカセに限らず、ラインメンディングの仕方や意識、テンションをかけて巻く事等、PEラインを扱う上での基本がとても分かりやすいですよ。

 

PE初心者の方は特に参考になると思いますね。中級者以上の人でも案外分かってるようで出来ていない事も多い部分ですし、是非一度参考にして見て下さい。

 

 

 

 

 

【まとめ】

要点をまとめます。

 

・多少毛羽立ちが出たからってすぐに交換が必要なわけじゃない。明らかに釣りにならなくなる程ラインが短くなれば即交換すべし!

 

・そもそもラインを一番痛めるのは、ライントラブル。ラインが擦れたり、コブが出来れば容赦なく切り捨てる!

 

 ・ライントラブルを未然に防ぐ意識と操作が、PEラインの長持ちの要。

 

 

もし、それでもあくまで交換時期の目安を問われれば、オレは4ヶ月を提示したいです。年に3回っていう単純な考え方でねw

どうしても不安な方はそれを目安に交換すれば、少なくともラインの劣化云々で悔しい思いをすることはほぼほぼ無いです。

 

何より、あんまり物持ちが良すぎると釣具屋の商売が・・・いやなんでもないですww

 

以上、ムラキでした。

 

この記事も読んでかない?↓

buramuraki.hatenablog.com

buramuraki.hatenablog.com

buramuraki.hatenablog.com