ギターの「声」に酔いしれろ!おすすめのギターインスト曲15選!

オレは中学2年の頃、XJAPANに衝撃を受けてロックに目覚め、それ以来ありとあらゆる音楽を聴き漁ってきた。

世の中には様々なジャンルやスタイルの音楽が存在します。

その中でも、オレが特に心の琴線に触れてきた音楽の表現の一つが、ギターインスト曲。

ギターには、人間の声や他の楽器の音では表現できない「声」があるんですよ。

 

そこで今日は、オレが幾度となく酔いしれ、興奮し、泣きまくってきたギターインスト曲を紹介したいと思います!

因みに、今回はギタリスト別ではなく、曲の世界観やタイプ別で分けてみました。

なので、

「あれ?このギタリストさっきも紹介しなかった?」

っていうのがチラホラありますが、あくまで曲が持つ「感情」で大きく括った記事になります。

「1人のギタリストにつき1曲」

というのも考えたのですが、無理ですww

色々ツッコミはあるかと思いますが、ご理解頂けたらと思います。

 

 

 

目次

 

アドレナリン全開インスト曲!!ヘヴィでハードなサウンドで熱くなれ!

 

Marty Friedman ーElixirー


Marty Friedman - Elixir of the album Loudspeaker

人は何故ヘッドバンキングするのか?んなもんこれ聴きゃ分かるよ。

お茶の間でもちょいちょい見かける実はスゴイ人、元メガデスのマーティーフリードマンのソロ曲。

超攻撃的でスカッとする爆発力!

問答無用でテンション上がる。

とにかく速くて、ヘヴィで、カッコイイのが聴きたい人は迷わずコレ!

 

ELIXIR

ELIXIR

  • provided courtesy of iTunes 

 In Flames ーMan Made Godー

Man Made God

Man Made God

  • provided courtesy of iTunes
 

 抑圧されたどす黒い感情を美しく散らせ。

スウェーデンの超売れっ子エクストリームメタルバンド、インフレイムスの数少ないインスト曲。

怒り、嫉妬、憎悪・・・まぁ何でもいいですが、

とにかくドロっとした黒い感情を吐き出したいなら、これを部屋の中で大音量で流してひたすら叫べ。

少し癒されて、もうちょっとだけこの世で生きてみたくなります。

ただ激しいだけでも吐き出せない、ただ美しいだけでも救われない。

そんなあなたは必聴です! 

松本孝弘 -Fighting Bull-

Fighting Bull

Fighting Bull

  • provided courtesy of iTunes

あっ、まだ闘える。

言わずと知れたB’z松本孝弘氏のソロ曲。

この曲はオレにとって闘争心へのガソリンです。

筋トレするにも、ランニングするにも、仕事行く時でも、これを聴く。

まだまだやれる!

って気分になる。

とにかくやる気に火を着けたいならこれ一択! 

 Joe Satriani -Crowd Chant-


Joe Satriani - Crowd Chant (from Satriani LIVE!)

 みんな聴いたことありますよね?

ギターインストの代表的ギタリストとも言える、ジョーサトリアーニの超有名な曲。

テレビ番組の「カンブリア宮殿」のオープニング曲になっているので、恐らく知っている人も多いのではないかと。

聴いてもらえれば分かる通り、厳密にいえば人の声が入っているが細かいこたぁ良いんですw

この人は死ぬほどギターが上手いだけではなく、思わず体を動かしたくなったり、メロディーを歌いたくなったりさせる演奏が出来る稀有な存在。

元気が無い時はこれを聴いてでかい声で歌おうぜ! 

 

Crowd Chant

Crowd Chant

  • provided courtesy of iTunes
 

 

 

爽快感溢れるインスト曲♪軽快で痛快なサウンドで心躍る!

Harem Scarem -Baby With A Nail Gun-

 

真夏、青空、助手席には可愛い彼女。オレには「今」がある。

カナダのハードロックバンド、ハーレムスキャーレムの初期の曲です。

バンドもアルバムも有名なのに、残念ながらこの曲はあまり知られていないんです。なのでYOUTUBEにも適切な動画が見つからなかった。

この曲はドライブに出かけたくなります。

会社で色々あったし、過去にもクソみたいな事が山ほどあったけど、「今」目の前に移る心地よさがオレにはある。

そんな気にさせてくれる、隠れた名曲。

因みにアマゾンのリンクは埋め込んだけど、気になる&安く手に入るならリアル店舗で買ってもいいという方はブックオフに行って下さい。500円の洋楽コーナーにかなりの確率であるので。

ブロガー失格だわなコレw

 

ビリーブ・スペシャル・エディション

ビリーブ・スペシャル・エディション

 

Stevie Ray Vaughan ーScuttle Buttin'ー


Stevie Ray Vaughan, Double Trouble - Scuttle Buttin' (Live)

 こんな風にギターが弾けたら絶対楽しい。

 今は亡きブルース界の天才ギタリスト、スティーヴィー・レイ・ヴォーンの超々有名曲。

ブルースってしみったれた音楽でしょ??

って思ってスルーしようとした若者はちょっとこっちに来なさい。

それは概ね正しいw

だがこの軽快さと痛快さは是非体感してくれないか。

家でも、外でも、これをかけて御覧なさいあなた。

気が付いたら笑顔でエアギターを弾いてまっせ。

 

Scuttle Buttin'

Scuttle Buttin'

  • Stevie Ray Vaughan & Double Trouble
  • ブルース・ロック
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes

Eric JohnsonSRV


Eric Johnson - SRV

この曲が似合う女と酒が飲みたい。

美しいギターのトーンを紡がせれば恐らく世界一、エリックジョンソンの名曲。

この曲は、エリックジョンソンがスティーヴィーレイヴォーンに捧げる曲として書かれたもの。

ブルース的で軽快で華麗な曲ではあるが、骨太な男の渋さというより、女の艶や色気を感じます。

実に楽しげで爽やか、でもどこか儚げで憂いを感じさせる美しい女の姿がオレには目に浮かぶ。

どこで出会ったかは忘れたけども、そんなイイ女がかつていた気がする。

抱けなくてもいい、ただ一緒に楽しく笑って酒が飲みたい。

 

S. R. V.

S. R. V.

  • provided courtesy of iTunes

Extreme - Midnight Express 

Midnight Express

Midnight Express

  • エクストリーム
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 爽快感の機関銃。

アメリカのファンクメタルバンドのインスト曲、というよりほぼギターとパーカッションのみなので、ギタリストのヌーノベッテコートによるソロインスト曲と言った方が正確か。

何にせよアコギから弾き出される軽やかなリズムと爽快なハーモニーが半端ないです。

心地よさがバチバチと伝わってくる!

ミッドナイトとあるけれど、オレは朝イチにこれを聴きます。何だか気持ちにスイッチが入りそうで。

天気が良い日はなお最高。 

 

 

涙腺崩壊インスト曲・・・泣いて心に染みる哀愁。

Gary Moore ーThe Lonerー


Gary Moore - The Loner Cover

全男よ、むせび泣け。

 羽生結弦選手が「パリの散歩道」を演技で使用した事で一時期有名になったが、実は昔から日本では有名なゲイリームーアの永遠の名曲。Lonerとは一匹狼の事。 

 

  不器用な生き方しか出来ない熱く激しい男

  己を貫くため孤独を受け入れ、寒空の道をひた歩く

  そんな一匹狼も時に足を止め、冷えが染みた体を静かにさする       

  ふと思い出すのは、とある町で出会った一晩だけの女      

  その晩、一度だけ、人生でたった一度だけ女の腕の中で泣いた       

  女は静かに受け入れ、たった一言だけ男の耳元で囁く

 

  ふと我に返った男は再び歩き出す       

  どこか懐かしい、微かな温もりを背中に感じて            

 

そんな男の後ろ姿がオレには目に浮かびます。

これはもう演歌の世界。東北の雪景色が見える。

 

この曲に出会って15年以上経っていますが、

これまで1000回位聴いてきたけど、

まだ泣ける。

この先さらに1000回は聴くことになるけど、

2001回目もきっと泣く。

 

頼むから泣いて下さい。

泣ける熱い男でいて下さい。

泣ける暖かい女でいて下さい。 

 

The Loner

The Loner

  • provided courtesy of iTunes

Cozy Powell -SUNSET- 

Sunset

Sunset

  • provided courtesy of iTunes

夕日に照らされた海辺に立ってこれを聴いても何も感じないなら、今世は色々諦めろ。

もっとも偉大なロックドラマーの一人、故コージーパウエルの名曲。

スタジオ収録曲は作曲はコージーパウエル、ギターは上でも挙げたゲイリームーア、上の動画で引いてるのはケリーサイモンという色々なややこしさw

オレは中学で初めてこれを聴いた時、一生聴く事になると即確信した。

 

もう、これは「The  Loner」と一緒です。

頼むから泣いて下さい。

泣ける熱い男でいて下さい。

泣ける暖かい女でいて下さい。

夕日を美しいと思える人でいて下さい。

 Arch Enemy  ーSnowboundー

Snowbound

Snowbound

  • provided courtesy of iTunes

儚いからこそ命は美しい。

 スウェーデンのエクストリームメタルバンド、アーチエネミーの人気曲。

基本的には攻撃的で激しいサウンドのバンドですが、実はインスト曲の宝庫みたいなバンド。

 短い曲だが、実に美しく、儚げで、力強い。

 

雪に埋もれた道端の花。

そっと雪を払ってみると

凍えるような冷たさの中で

なんとか咲き誇ろうとする

小さな花の美しさがそこにある。

何かに押しつぶされそうになった時は部屋で静かにこの曲に浸ろう。  

 

優しさに包まれるインスト曲。まったりと味わう暖かさと美しさ。 

 

 松本孝弘 ー’88~Love Story~ ー

88~Love Story~

88~Love Story~

  • provided courtesy of iTunes
 

オレはこの曲と共に生きたいと思える女に出会うために生きている。

再び松本孝弘氏。

不思議な曲です。孤独で死にそうな時も、幸福に満ち足りた時も、この曲はいつもオレを暖かく包んでくれます。

どんな自分でも無条件に接することが出来る稀有な曲。

どこか懐かしくもあり、今目の前の景色でもあり、まだ見ぬ未来さえも感じさせる。

恐らく運命の人というのがいるとしたら、恐らくこの曲みたいな人なのではないかと思っています。  

 

Joe Satriani  ‐Ten Words ー


Joe Satriani - Ten Words (from Satriani LIVE!)

人生で何が大切か自分に問いかけよう。

サンプラザ中野じゃないよ、再度ジョーサトリアーニだよ。

 

 圧倒的肯定感。

 

人生に少し疲れた時は、ドライブに出かけて奇麗な夕日を見に行こう。

この曲とその景色が何か教えてくれる。

それでも分からない問題は一度忘れよう。

 

 「自分ならきっと大丈夫」

「あの事はもういいじゃないか」

って思わせてくれる優しい曲です。 

Ten Words

Ten Words

  • provided courtesy of iTunes
 

 

 

Stevie Ray Vaughan ‐Lenny‐

 


Stevie Ray Vaughan - Lenny (from Live at the El Mocambo)

酒が旨くなる。

またまたレイヴォーンの名演です。

手羽先もピーナッツも枝豆も必要ない。

肴はこの曲があればいい。

 

澄み渡るように響くストラトキャスターの音色がどこまでも美しく、そして暖かい。

騒ぎながら聴く曲ではないが、心を満たしてくれる1曲です。  

Lenny

Lenny

  • Stevie Ray Vaughan & Double Trouble
  • ロック
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes
 

 

 

Eric Johnson ーManhattanー

Manhattan

Manhattan

  • provided courtesy of iTunes
 

都会だって美しいんだぜ?

再びエリックジョンソン。

もう分かったよ、あんたは神だよ。

ストラトゴッドだよ。

 

オレは一時期東京で暮らしていました。

慌ただしく喧騒に満ちた都会の中にいると、

時に辟易し、おさらばしたくなる事もありますよね。

そんな時は、この曲をみなとみらいのこの景色を見ながら聴いてみましょう。

f:id:buramuraki:20180106124647j:plain

この街も悪くないんじゃないか?そう思えてきます。

 因みにエリックジョンソンはこの曲をマンハッタンで書いたわけでは無いらしい。でもこの際それは良いじゃないか。うん、多分気にしたら負けだ。  

 

 

まとめ

色々暑苦しい内容になってしまいましたが、オレにとってはそれ位ギターインストが無くてはならないアートなんです。

 

人間の歌声や歌詞が無いからこそ表現できる感情がギターインストには溢れています。

 

世の中には極上のインスト曲がまだまだあります。

また時間があれば別の記事でも紹介してみたいと思います!

 

つーわけで以上、

 

ムラキでした。