ゾンビと弱った活きエサから、釣りとは魚を狂わせないとダメだと学んだ話。

どーも、元釣具屋店員のムラキです。

 

f:id:buramuraki:20180613212203j:plain

 

釣具屋で働いていた時、凄く記憶に残っている出来事がある。

 

イソメやゴカイ等の生き餌の管理業務の一つに、弱った個体や死んだ個体を取り除いてやる作業がある。

 

生き物なので、病気をしたり、体がちぎれたり傷んだりして動きが悪くなったり、変色してしまう個体というのはどうしても出てくるので、しかもそいつらが元気な個体を悪くしてしまう事も多い。だから数時間ごとにチェックして、悪い個体や悪くなりそうなエサは小まめに処分する。

 

地味にグロい話で申し訳ないw

 

で、虫エサとは別に、時期によっては水槽で活きアジ等も置いてる事があります。

 

ある時、弱っていた虫エサを取り除いた時、興味本位で水槽のアジに与えた事があるんですね。スゲー速さで食いついてくるんじゃね??みたいなww

 

ところがどっこい。

 

意外と寄ってこない。

 

死んでる個体や、著しく色が変色した「喰うには体に悪そうな個体」は流石に与える訳にはいかないから、与えたのはぱっと見餌として喰うには悪くなさそうな生きた虫エサです。

 

確かに中には速攻で食いつく虫エサもあったけれど、大半はスルーしたり、一瞬鼻先まで寄ってくるけどUターン・・・っていう。

 

試しに、あまり良くは無いんだけど、売り物の元気いっぱいのゴカイを1匹捕まえて水槽に放り込んだら瞬殺だったww

 

元気な餌は普通に食うんですよ。つまり、水槽のアジ達は

 

「コレ喰ったらヤバい」

 

という判断を瞬間的に下している。ぱっと見はオレには分からないけど、アジには「コレは×」というのが分かるのだろう。

 

これが野生なんだと思った。

 

f:id:buramuraki:20180613212112j:plain

 

 

ワールドウォーZという映画を見た事あるだろうか。

 

謎の疫病が原因で、世界中の人間がゾンビ化してしてしまい、元国連職員の主人公が世界のあちこちを飛び回って、疫病への対抗手段を探るという内容。

 

ここからはネタバレになるので、映画を見てない人は気を付けて欲しい。

 

 

 

 

 

 

 

ゾンビは基本的に普通の人間に襲い掛かり、襲われた人間は疫病に感染しゾンビ化する。

 

が、主人公役のブラットピットは世界の各地で、ゾンビの大群が特定の人間だけを避けるようにスルーする光景を目撃する。

 

そこで彼はある仮説を立てた。

 

「ゾンビからスルーされた人間は、何か重い病に冒されているのでは??」

 

つまり、ゾンビたちから「自分の疫病を移す相手として不適格」あるいは「自分の疫病を脅かす危険な病を持った存在」だとみなされてるのではないか、と。

 

その仮説を元に、ブラピはゾンビに対抗するワクチンを作るためにウイルス研究所へ向かう。

 

長くなるので映画の話はここまでにしときます。大丈夫、釣りの記事だからww

 

f:id:buramuraki:20180613215121j:plain

危険を察知出来る奴しか生き残れない。

 

この映画を見た時に、水槽のアジの出来事を真っ先に思い出した。

 

野生生物は、多分オレらが思っている以上に危険や脅威を察知する力が鋭敏なんだろう。

 

バスフィッシングとかだと、表層でルアーを放置して死にかけの小魚を演出することもあるけど(必ずしもそういう演出とは限らないが)、実際には病気で弱った小魚なんかは意外とフィッシュイーターは襲わないと聞いた事がある。

 

それが視覚なのか、嗅覚なのか、聴覚なのか、側線なのか、はたまた第6感なのかは分かんないけど、魚は自分の口にするモノには元来シビアなんだと思う。

 

それを考えると、餌だろうと、ルアーだろうと、

 

所詮は偽物にすぎない。

 

例え餌であっても、オキアミの中には針が忍び、針の先にはラインが水中で漂っている。偽物以外の何物でもないよね。弱った生きたゴカイでさえ魚は察するのだから。

 

 

ルアーが偽物なのは言わずもがな。

 

 

だから偽物に口を使わせるには、魚を騙さないといけない。魚を騙すには、不自然さとことん消すか、食性以外の部分で魚の思考回路をきりかえてやるかしかないと思う。が、前者は極めて難しいのではないかとオレは思う。例え餌でも。

 

つまり、どんな釣りであっても「魚の思考回路を狂わせる何か」を自分で仕掛けにいけないと、釣りは成立しない。

 

f:id:buramuraki:20180613215749j:plain

 

 

ウルトラスーパー極論言えば、

全ての釣りは疑似餌。

 

本物じゃないからね。


活きエサだろうと、オキアミだろうと、クランクベイトだろうと、針もラインも不自然なモノが必ず水中にある。

 

 

本物じゃないから、魚には狂ってもらわないといけないんだと思います。


何を使って狂わせるか、どうそこまで導くか。


どんな釣りでも実はそこが根幹だと、ゾンビと水槽のアジからオレはそう確信してますね。



 

 

最後に余談だけど、活きアジに餌をやった話には続きがあって、実はそのあとカニにもやったことがある。

 

やっぱり基本喰わなかったんだけど、何匹かは喰った。

多分そいつらだと思うけど、次の日死んでた(苦笑)・・・

 

M店長、当時はスンマセンwww

 

 

以上、ムラキでした。

 

 

 

この記事もオススメ↓

 

 

buramuraki.hatenablog.com