ソルトアングラー「1本で万能に使えるルアーロッドってある??」、元釣具屋店員「Mクラスのエギングロッド!」

どーも、元釣具屋店員のムラキです。

 いらっしゃいませー

 

f:id:buramuraki:20180623192452j:plain

 

「海で1本で何でもやれるルアーロッドってある??」

 

釣具屋時代、こういう質問を受ける事は多かったですね。

 

勿論専用ロッドをそれぞれ揃えるのがベターと言っても、なかなかお財布的にも厳しかったり、事実として釣り場で1本で何でもやれるって大きいよね。

 

この質問には、オレは即答で「エギングロッド!」って答えてました。

事実、俺自身がエギングロッドで何でもやっていたからね。

 

エギ投げてて、飽きたらワーム投げて根魚狙って、バイブ投げてシーバス狙って、ナブラ沸いたら光の速度でジグぶち込むww

 

こんな力技を許容してくれる竿は多分エギングロッド位ですね。何だったらオレの場合バスでも使ってた。

 

 

っていう事で、今回はエギングロッドのオールマイティーさを説明してくよ!

 

 

目次

 

 

 

f:id:buramuraki:20180623192411j:plain

~エギングロッドでどんな釣りが出来るの?~

ぶっちゃけ、ライトゲーム以外ならそこそこ何でもイケちゃうね。

 

アオリイカ、シーバス、クロダイ、ロックフィッシュ、中小型青物・回遊魚全般、ヒラメ、マゴチ・・・と、ソルトでルアーで狙える魚だったら割と何でも対応出来ます。

 

勿論専用ロッドと比べたら、場合によってはばれやすかったり、ルアーを操作しにくかったり、掛けてからの主導権を握りにくかったり・・・っていうのは勿論あるけどね。

 

でも取り敢えず全然釣りにはなるっていう意味では、エギングロッドは最強の万能さです。

 

 

エギを投げる、しゃくるっていう動作を繰り返すロッドなので、

硬過ぎたりあまり曲がらないテーパーだと、しゃくるのに疲れちゃうし、

逆に柔らかかったり曲がりやすいテーパーだと、エギを遠投しにくいしキビキビ動かせない。

 

だからエギングロッドは、バットも割としっかりしていながら、適度に曲がってくれるんですよ。

 

一言で言えば、硬すぎず柔らかすぎない。

 

”そこそこ硬くて良い感じに曲がる”それがエギングロッドの万能さのキモです。

 

一般的なエギングタックル

8~8.6ftのMクラスのエギングロッド、

2500番台のリール、

PE0.8号があればかなり幅広く遊べますよ。

 

 

そんな万能なエギングロッドですが、狙える魚についてもう少し詳しく書いていこう。

 

 

f:id:buramuraki:20180623192430j:plain

~エギングロッドで狙える魚~

ここでは、各魚種の専用ロッドで狙う場合と比較した対応度を%で表してみます。

%が高いほど、釣りの快適さややり取りのしやすさなども高いっていう事ですね。

 

【シーバス  対応度 70%】

 はっきり言って、ミノーやシンペン、バイブ等シーバスルアー全般を投げる事に関しては全く問題ないですね。むしろ、デイゲームでミノーのトゥイッチやジャークアクションを織り交ぜたい時なんかはシーバスロッドよりやりやすいとさえ思う。

 

パワー的にも問題ないです。仮にランカークラスかけたとしてもパワーだけで言えば余裕で対応は出来る。

 

が、ネックになるのはバラシやすさかな。

 

シーバスは元来バラしやすい魚なので、シーバスロッドは竿全体が曲がりやすく、魚の動きに追従しやすい仕様のものが多い。

専用ロッドと比較するとエギングロッドは硬いので、少々ばらしてしまいやすいですね。オレも遊びで投げたミノーで結構シーバスは掛けたけど、バラシも多かったです。

 

特に70cm超えてくるサイズに足元とかで急に突っ込まれると、竿の曲がりでショックを吸収しきれず、角度も急な曲がりで最悪折れるリスクもあります。

実際オレの先輩が80cm越えのシーバスを掛けた時に、そのパターンでエギングロッドを折っている。

まぁ、ここまで想定する必要は無いけどね。

 

クロダイ   対応度90%】

 クロダイも全然対応出来ますね。むしろエギングロッドに向いてる魚種とさえ思う。

 

パワーも勿論問題なし。

ボトムずる引きするにしても、適度に硬いから感度も良いし、トップウォータールアーで狙うにしても、操作性が良いからやりやすい。割と小型のプラグだと竿の硬さによっては動かしづらいかもしれませんが・・・

 

でも、エギングロッドで対応しやすい、狙いやすい魚だと思います。

 

 

【ロックフィッシュ  対応度80%】

 一言に根魚と言っても色々いますが、基本的な話としては狙いやすい魚と言えるかと。

 

ジグヘッドリグやテキサスリグでボトムをちゃんと感じて動かしやすいしね。

カサゴなんて、エギングに飽きた時に一番に狙う魚の一つだったりするw

 

ハタとかになると20cmクラスでも油断してると根に持ってかれるリスクがあるけど、そこはエギングロッド。 バットのパワーでしっかり止められますね。

 

ただ、ホントにたまにヤバイクラスのロックフィッシュ掛けたりすると、瞬殺されたり、ありえん位の突っ込みにマジ焦るけどw

それはそれで面白いですよね。

 

 【中小型青物・回遊魚   対応度 75%】

堤防から、ジグを投げて狙うという前提です。

ジグなら20g以下であれば投げるのも操作するのも問題ないでしょう。

30g超えてくると、Mクラスのエギロッドだと投げるのに少し気を使います。

 

魚種とサイズなんですが、中小型のサゴシ、サワラ、カツオ、カマス、ネリゴなんかだと全く問題ないです。むしろ適度に曲がって走ってくれて楽しいと思います。

 

たまに沸いたナブラまで届かないよ!っていうもどかしい時があったりしますが、それはさすが専用タックルの領域って事ですね。

 

因みに、ナブラ打ってるとたまーーーーーーーーにですが完全に掛けちゃダメなサイズが来ることがあります。

 

祈りましょうwww

 

 

【フラットフィッシュ(ヒラメ・マゴチ)   対応度 35%】

これに関しては、少なくともフラットを狙う釣りというのはサーフでの釣りになるので基本向かないです。

「あそこのサーフでヒラメが釣れるらしいし、エギング帰りにルアー投げに行くか」的なノリではとても対応できない。

どうしてもロッドの長さが必要ですし。

 

他の魚種に関しては、とりあえず釣りにはなるっていう感じなんですが、フラットに関してはそもそも釣りにならないです。

 

ただ、サーフで狙って釣る釣りには厳しいけれど、

堤防とかテトラの上からたまたま掛かったとかなら、別に対応は可能です。

が!ヒラメやマゴチは独特の頭の振り方をするので、正直エギングロッドだとバラシやすいんですよ。オレも何回か悔しい思いをしてるw

 

なので、狙って釣るにしても厳しいという意味で対応度は10%、掛けたら掛けたでバラシやすいという意味で対応度は60%。平均して35%、という感じかな。

 

【ライトゲーム(メバル・アジ)   対応度10%】

専用タックルを揃えましょうw

 

全くやれない事はないけど、ジグヘッド飛ばないし、リグが軽すぎてPEの浮力に負けて沈んでいかないし、仮に掛けても楽しくないです。

 

こればかりは良いことないんで諦めましょう。

 

 

 

f:id:buramuraki:20180623192358j:plain

まとめ

取り敢えず釣りになる!

 

これに尽きますね、エギングロッドの万能さは。

 

実際、あくまで万能さを求めてるのでそこまで完璧な要素は皆さん求めないと思います。

 

なので、もしこれからソルトのルアーフィッシングを始めたい!とりあえず何か釣ってみたい!というのであれば、間違いなくエギングロッドがおすすめです。

 

取り敢えず釣りになるっていうだけで、行動範囲と選択肢は広くなりますし、海でルアーフィッシングをやるなら一本は持っておくと良いです!

 

ぜひ参考にして見て下さい。

 

 

以上、ムラキでした。

 

 

この記事もオススメ↓

 

buramuraki.hatenablog.comburamuraki.hatenablog.com

buramuraki.hatenablog.com